【研修・セミナー】

みなさまに役立つさまざまな研修、セミナーのご案内を無償で掲載しております。
【広告掲載についてはこちら】【atara掲載申込書のダウンロード(PDF)】

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16
16 〜 20件 (全件数:78件)
+前ゼミ+第98回 商標の使用の注意点  ?その商標、使っているけど大丈夫?
主催者 : 前田特許事務所
講師 : 杉浦 靖也
開催場所 : 東京都
カテゴリー : 知的財産関連
開催日 : 2016/12/01 ( 終了しました )
【特記事項】 :
【担当講師】
弁理士 杉浦 靖也
1986年東レ株式会社に入社。ポリエステルフィルムの製造技術・加工技術の開発、電子回路基板の開発に携わった後、韓国にて三星電機との合弁会社の工場立ち上げを行う。
2000年に前田特許事務所に入所後は、国内外の商標、特許、実用新案、意匠の出願・中間対応はもちろん、著作権、不正競争に関してもクライアントからの相談に応じ業務を行っている。ここ数年は商標に軸足を移している。
また、日本弁理士会の知的財産価値評価推進センターに10年間所属していたことがあり、知的財産権の価値評価も行っている。
【実施日程】 2016年12月1日(木)14:00?16:00
【場所】 東京都中小企業会館(東京都中央区銀座2-10-18)
☆東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」11番出口徒歩1分
☆東京メトロ銀座線「銀座駅」A13番出口徒歩7分
【受講料】 3,000円
【定員】 10名 ※原則1社1名ですが、ご相談に応じます。
【対象者】 企業の商標ご担当者、小企業・個人企業の経営者
【概要】 みなさん!商標を登録するだけで安心していませんか?
商標は使用することによって初めて価値が生じます。しかしながら、「商標の使用」には注意すべき点がいくつもあります。例えば、自社の登録商標を使用しているつもりでも他人の商標権を侵害しているという恐ろしい事態に陥っている場合があります。
このセミナーでは、「商標の使用」について、登録商標の適切な使用という観点と、未登録商標の使用上の注意点という観点とから、説明を進めていきます。また、隠れたテーマとして「不使用取消審判」により取り消されないためには?」についても説明をいたします。
また、「商標の管理」についても説明をいたします。これは、年金管理という話ではなく、「商標の使用」という観点からの説明です。社内において「商標の使用」ということをどのように管理していったらよいのか、他部署の協力をどのように得て実効をあげるのか、につきましてお話ししていきます。
【持ち物】 筆記用具、お名刺
【申込方法】 申込は以下リンクから
https://maedapat-cojp.ssl-xserver.jp/seminar.php?itemid=859
+前ゼミ+第99回 化学系特許出願の実務 ?各出願パターンにおける留意点
主催者 : 前田特許事務所
講師 : 小寺 淳一
開催場所 : 広島県
カテゴリー : 知的財産関連
開催日 : 2016/12/07 ( 終了しました )
【特記事項】 :
【担当講師】
弁理士 小寺 淳一
広島大学大学院工学研究科工業化学専攻修了。
日用品メーカでオーラルケア商品の開発に従事した後、国内某特許事務所で特許実務の経験を積む。
2008年前田特許事務所入所。
現在の主な担当は化学分野、材料分野の権利化業務。
【実施日程】 2016年12月7日(水)14:00?16:30
【場所】 前田特許事務所 広島オフィス内会議室
(広島市東区二葉の里1-1-68 広島パレスビル2階)
☆山陽本線「広島」駅から北西に徒歩8分
【受講料】 3,000円
【定員】 10名 ※原則1社1名ですが、ご相談に応じます。
【対象者】 知財担当者、技術者、化学系の発明に関わる方
【概要】 化学系の発明には、化学物質(材料)の発明、製造方法の発明、用途限定の発明等、様々な出願パターンが存在しますが、記載要件や新規性・進歩性、クレーム解釈等の観点から、留意しなければならない事項が、多数、存在します。
本セミナーでは、これらの出願パターン別に、出願を行う際の留意事項を具体的な事例を用いて解りやすく説明いたします。また、特に、重要な留意事項については、ケーススタディを行い、理解を深めて頂きます。
化学系の発明に関わる方々、特に、企業の知財担当の方々、発明者となる技術者の方々、必見です。
【持ち物】 筆記用具、お名刺
【申込方法】 申込は以下リンクから
https://maedapat-cojp.ssl-xserver.jp/seminar.php?itemid=860
+前ゼミ+第100回 実務に役立つ米国特許最新トピックス 2016年版 ?重要判例等に基づいた例題演習とその解説
主催者 : 前田特許事務所
講師 : 八幡 晴夫
開催場所 : 東京都
カテゴリー : 知的財産関連
開催日 : 2017/01/18 ( 終了しました )
【特記事項】 :
【担当講師】
米国PatentAgent 八幡 晴夫
京都大学大学院電気工学専攻修了。米国ロースクールFranklin Pierce Law Center卒業(Juris Doctor)。
精密機器メーカーでハードウェア開発に従事したのち、在阪の特許事務所で米国特許実務の経験を積む。
米国ロースクール卒業後、カリフォルニア州の法律事務所Beyer Weaver LLPでPatent Agent としてシリコンバレーの大手メーカーの特許権利化を担当。
2008年前田特許事務所入所。明細書、契約書、レター等の英文校閲者、特許英会話の講師としても活躍している。
【実施日程】 2017年1月18日(水) 14:00?16:30
【場所】 東京都中小企業会館(東京都中央区銀座2-10-18)
☆東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」11番出口徒歩1分
☆東京メトロ銀座線「銀座駅」A13番出口徒歩7分
【受講料】 3,000円
【定員】 10名 ※原則1社1名ですが、ご相談に応じます。
【対象者】 大手企業から中小企業に至るまで、米国特許実務に携わる全ての方
【概要】 みなさん!商標を登録するだけで安心していませんか?
効率的かつ効果的な出願及び権利化を目標として、米国特許法(制定法及び判例法)の要点を把握した上で、実務への応用を解説します。
市販の書籍では出版までのタイムラグがあるため情報が古くなりがちですが、本セミナーの資料は、最新トピックスをわかりやすく整理しています。実務に必須のルール及び重要なトレンドを、例題とその解説の形で紹介します。それぞれのトピックスごとに、すぐ活用できる知識やスキルを無理なく習得していただけます。
大手企業から中小企業に至るまで、米国特許実務に携わる全ての方に自信を持ってお勧めいたします。
※ここ一年の新たな主要判例を盛り込んでいます。
【持ち物】 筆記用具、お名刺
【申込方法】 申込は以下リンクから
https://maedapat-cojp.ssl-xserver.jp/seminar.php?itemid=877
知財事業開発スキル[東京][大阪]
主催者 : 日本弁理士会
講師 : 寺石 雅英
開催場所 : 東京都、大阪府
カテゴリー : 知的財産関連
開催日 : 2017/01/18 ( 終了しました )
【特記事項】 :
【担当講師】
image 寺石 雅英 (てらいし まさひで)一橋大学商学部卒業。一橋大学大学院商学研究科博士後期課程修了。名古屋商科大学商学部講師、助教授、群馬大学社会情報学部教授等を経て、2011 年 4 月より大妻女子大学キャリア教育センター教授。群馬大学名誉教授。
【受講料】 30,000円(税込・テキスト代込)
【対象者】 ・中小企業支援を目指して経営コンサルタントの考え方と使用するツール等を理解したいと考えている方・企業にお勤めで、知財の事業への貢献について他部門にわかりやすく提言したい方・知財ビジネスアカデミー「経営基礎コース」受講者ならびに同程度の知識・経験を有する会員、これらに準ずるゲスト ※「弁理士知財キャラバンの履修支援員となるための研修」を受講され、これからコンサルティングの実践をお考えの皆さまにも、お役に立つ内容です。
【概要ねらい】 「企業が、知財に投資する価値を見出すのは、どんな時か?」その答えの1つは、専門知識がない経営陣でも、知財が自組織のビジネスにどう貢献してくれるのか、明確に理解できた時ではないでしょうか。本講座は、複雑なビジネスモデルの全体像をつかむツール、”ビジネスモデル・キャンバス”(BMC)を活用して、事業全体に貢献する知財のあり方を、専門外の相手にもわかりやすく提言することを目指す、実践型ワークショップです。本講座を通じ、知財を深く知る専門家としての視点と、ビジネスモデルを俯瞰する全体最適の視点の両方をもった、知財戦略コンサルタントとしての基礎力を得ることがねらいです。
【応募方法】 申込は以下リンクから
知財ビジネスアカデミー | 日本弁理士会
【連絡先】 〒100?0013
東京都千代田区霞が関3?2?6
東京倶楽部ビル14階日本弁理士会
研修課まで
電話番号 03?3519?2360
URL http://www.jpaa.or.jp/
+前ゼミ+第101回 あなたにもできる!! 商標の類否判断
主催者 : 前田特許事務所
講師 : 杉浦 靖也
開催場所 : 大阪府
カテゴリー : 知的財産関連
開催日 : 2017/01/19 ( 終了しました )
【特記事項】 :
【担当講師】
弁理士 杉浦 靖也
1986年東レ株式会社に入社。ポリエステルフィルムの製造技術・加工技術の開発、電子回路基板の開発に携わった後、韓国にて三星電機との合弁会社の工場立ち上げを行う。
2000年に前田特許事務所に入所後は、国内外の商標、特許、実用新案、意匠の出願・中間対応はもちろん、著作権、不正競争に関してもクライアントからの相談に応じ業務を行っている。ここ数年は商標に軸足を移している。
また、日本弁理士会の知的財産価値評価推進センターに10年間所属していたことがあり、知的財産権の価値評価も行っている。
【実施日程】 2017年1月19日(木) 14:00?16:00
【場所】 前田特許事務所 大阪オフィス
(大阪市北区堂島浜1-2-1 新ダイビル23階)
★京阪中之島線「大江橋駅」 (2番出口より北へ徒歩2分)
★地下鉄御堂筋線・京阪本線「淀屋橋駅」 (7番出口より北へ徒歩5分)
★JR東西線「北新地駅」 (11-21,23番出口より南へ徒歩5分)
【受講料】 3,000円
【定員】 10名 ※原則1社1名ですが、ご相談に応じます。
【対象者】 商標担当ご経験者(事例は難易度の高いものも取り上げます)
【概要】 商標を出願しようと考えたとき、一見似たように思われる既登録商標と類似しているかいないかについて悩まれたことはありませんか?
また、類似商標を引用されて拒絶理由が通知され、どのように対応したら良いのか困ったことはありませんか?
本セミナーでは商標の類否に関しまして、審査段階における判断をメインとして、基本から解説をいたします。
また、後半では類否判断の審決事例について、皆さんとディスカッションしながら、一緒に考えていきます。
【持ち物】 筆記用具、お名刺
【申込方法】 申込は以下リンクから
https://maedapat-cojp.ssl-xserver.jp/seminar.php?itemid=874
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16
16 〜 20件 (全件数:78件)