【世界的な串刺し検索が可能に!】  Google Patents が少し前になりますが、強力にアップデートしたことが話題になっています。  今回は、米国、ドイツ、カナダ に加えて、新たに、日本、韓国、イギリス、フランス、スペイン、ベルギー、ロシア、フィンランド、オランダ、デンマーク、ルクセンブルグ の11ヶ国の特許公報 …

 atara.biz は、あたら・どっと・ビズ = 略称 あたら と読みます。  新しいビジネス、新しいモノやサービスを広く社会に紹介することを基本に、弊社(公陽堂、および、ワイズ特許サービス)の得意分野でもある「知的財産・特許、データ分析・解析」の視点を盛り込んでお送りしていこうとの趣旨です。  まだまだスタートした …

Googleをはじめとした検索エンジンで検索した結果や、ショッピングサイトのレビュー情報などを、分析用のデータとして、簡単に取り込めたらどんなに素晴らしいことでしょうか。 (※ 画像はamazonの検索結果の例です。) 実際に弊社でも、そのようなご要望の業務を頂戴し、何日もの時間を費やして、ウェブの検索と、その結果をエ …

 このところAI(人工知能)の目覚ましい発展と共に、人間の仕事の多くが奪われてしまうといった記事を目にすることが増えてきました。いつか、そのようになることは明白でしょう。しかし、いま現在、まだそのビッグバンが起こっていないのは、なぜでしょうか?  知識をため、判断・指示することが、人工知能のコアとなる作業です。たまった …

 特許は、自身の発明を広く世間に公表する代わりに、一定期間の独占的権利を与えられるものです。前者は、社会への貢献。後者は、自身の利益獲得というように言い換えられますね。  ところで、特許の”権利の範囲”とか、”権利の広さ”という言葉を耳にされたことがある方も多いのではないでしょうか。特許の権利とする内容の広さを決めてい …

 特許情報をグラフ化・一覧表化する作業で、その「結果からなにを見て取るのか」ということは、大きなポイントです。これは、なにも特許情報に限らず、グラフや分析表を見る能力は、ビジネスの現場では重要なことでしょう。  ところが、データをインプットして、縦軸・横軸を設定し、ぽんっと描画された結果(グラフ等)を大量に並べて、うん …

 人工知能の厳密な定義はないに等しい。よって、ソフトウエアなどの広告に、いまの流行を取り入れて「人工知能による****!」などというフレーズが散見されるようです。  ソフトウエア開発に使われる言語のコマンドに、if文(いふぶん)というものがあります。これは、if=もし、という英語そのもので、  if(もし) 天気 =  …