#173【帰れま10】全問正解しないと帰れない!?
Google's new robot has wheels for feet
■ 特許・知的財産関連ニュース (更新時刻:2017/10/23 08:00:18)
2017/10/17 TechCrunch Japan - Amazon、EVを充電するドローンの特許を取得
2017/10/18 特許庁 - オーストラリア特許庁と意見交換を行いました
2017/10/19 特許庁 - 途上国研修「タイ特許審査実務コース」を行いました
2017/10/18 特許庁 - AIPPI総会に出席しました
2 時間前 日刊工業新聞 - 米国際貿易委員会、特許侵害でソニー製品調査
2017/10/16 経済産業省 (プレスリリース) - 「知財のミカタ-巡回特許庁in中部-」、申込受付中!~見方を変えて ...
2017/10/19 産経ニュース - 米、ソニーの特許侵害調査 富士フイルムと係争
22 時間前 エキサイトニュース - ネイティブアメリカンの部族がAmazonとMicrosoftを特許侵害で訴える
2017/10/17 日本経済新聞 - 関東経産局、特許出願で出張審査
2017/10/19 時事通信 - FRONTEO、特許調査・分析システム「KIBIT Patent Explorer」国内特許 ...
ドラえもんVR「どこでもドア」
空飛ぶ自動車「AeroMobil」
■ 最新記事一覧
2017年04月28日 【知財と新技術で明日を読む! 2017/05/01[月]】
2017年04月15日 【知財と新技術で明日を読む! 2017/04/17[月]】
2017年04月07日 【知財と新技術で明日を読む! 2017/04/10[月]】
2017年03月31日 【知財と新技術で明日を読む! 2017/04/03[月]】
2017年03月24日 【知財と新技術で明日を読む! 2017/03/27[月]】
■ トレタテ!特許マップ
8万円からのスピーディーな特許マップ作成サービスです。ご指定の技術に関する分析結果を一覧と26種類のマップで納品いたします。開発戦略のスピードアップに「トレタテ!特許マップ」をご活用ください。
■ ぱっとウェブ収集
WEBにある貴重なデータを、分析用に収集できるフリーマクロ。Google,Amazon,価格.com・・・欲しかったWEBデータを、エクセルにどんどん収集。収集したデータは分析に使えます!
その他の新商品・新サービスはこちら 掲載希望はこちら

 atara.biz は、あたら・どっと・ビズ = 略称 あたら と読みます。  新しいビジネス、新しいモノやサービスを広く社会に紹介することを基本に、弊社(公陽堂、および、ワイズ特許サービス)の得意分野でもある「知的財産・特許、データ分析・解析」の視点を盛り込んでお送りしていこうとの趣旨です。  まだまだスタートした …

Googleをはじめとした検索エンジンで検索した結果や、ショッピングサイトのレビュー情報などを、分析用のデータとして、簡単に取り込めたらどんなに素晴らしいことでしょうか。 (※ 画像はamazonの検索結果の例です。) 実際に弊社でも、そのようなご要望の業務を頂戴し、何日もの時間を費やして、ウェブの検索と、その結果をエ …

知財戦略は、『経営戦略や事業目的に即した知財活動の計画』といった趣旨で語られることが多いようですが、法律面や実務・手続き面など幅広い知識体系を必要とする知財活動を、事業目的に即した形で実施することは、そのための人材確保の観点からも容易なことではありません。 弁理士、弁護士やコンサルタントなど専門家を活用する手もあります …

 このところAI(人工知能)の目覚ましい発展と共に、人間の仕事の多くが奪われてしまうといった記事を目にすることが増えてきました。いつか、そのようになることは明白でしょう。しかし、いま現在、まだそのビッグバンが起こっていないのは、なぜでしょうか?  知識をため、判断・指示することが、人工知能のコアとなる作業です。たまった …

 特許は、自身の発明を広く世間に公表する代わりに、一定期間の独占的権利を与えられるものです。前者は、社会への貢献。後者は、自身の利益獲得というように言い換えられますね。  ところで、特許の”権利の範囲”とか、”権利の広さ”という言葉を耳にされたことがある方も多いのではないでしょうか。特許の権利とする内容の広さを決めてい …

 特許情報をグラフ化・一覧表化する作業で、その「結果からなにを見て取るのか」ということは、大きなポイントです。これは、なにも特許情報に限らず、グラフや分析表を見る能力は、ビジネスの現場では重要なことでしょう。  ところが、データをインプットして、縦軸・横軸を設定し、ぽんっと描画された結果(グラフ等)を大量に並べて、うん …

 特許庁では、平成11年以降、特許等の情報(特許・実用新案・意匠・商標の公報類及び関連情報;以降「特許情報」という)をインターネット経由で提供しており、この情報をパテントマップとして“見える化”するなどして分析し、事業活動に役立てる試みも一般的になっています。  ただ、特許情報は、いつ出願されたものか、誰による出願か、 …

 総務省によると、「事業に役立つ知見を導出するためのデータ」(2012年度版「情報通信白書」)であると、ビッグデータを説明しています。  特許情報をパテントマップとして「見える化」し、事業活動に役立てる試みが一般的になっていることに照らすと、特許情報もビッグデータの一種であると解釈しても問題はなさそうです。  ただ、調 …

 人工知能の厳密な定義はないに等しい。よって、ソフトウエアなどの広告に、いまの流行を取り入れて「人工知能による****!」などというフレーズが散見されるようです。  ソフトウエア開発に使われる言語のコマンドに、if文(いふぶん)というものがあります。これは、if=もし、という英語そのもので、  if(もし) 天気 =  …